交趾焼 中村 翠嵐
 交趾焼
 中村 翠嵐
交趾焼 中村翠嵐


私が作っております「交趾焼(コーチヤキ)」は、鮮やかな色彩と泥を絞り出して線書きする「一陳盛り」という技法が特徴のやきものです。 今回のテーマである伊藤若冲の世界を、この交趾焼で表現するにあた っては、茶陶という約束事の多い中でありながらも出来る限りの若冲らしさを写しとることに努力いたしました。その思いが少しでもお伝えできれば幸いです。

昭和17年 京都に生まれる
  36年 京都市立日吉ヶ丘高等学校美術課程陶芸科卒業
     父の許で修行
  53年 この年より全国各地にて個展
     以後現在まで112都市で開催
  55年 ニュージーランド・カンタベリー美術館に寄贈出品
     常設展示される
  57年 京都府知事賞受賞
  59年 第六回京焼・清水焼展にてグランプリ受賞
     第九回全国伝統的工芸品展にてNHK会長賞受賞
  62年 京焼・清水焼伝統工芸士に認定される
平成 5年 125年ぶりの海外展
     「現代の京焼・清水焼パリ展」に出品
     同展実行委員長を務める
  15年 伝統的工芸品産業の振興に貢献したとして
     経済産業大臣表彰を受ける
     「京の名工」京都府伝統産業優秀技術者と認定される
  19年 財団法人京都陶磁器協会 理事長に就任
  20年 「源氏物語千年紀」において京都府の依頼により
     交趾焼飾り皿を制作


作品
交趾焼 中村翠嵐 交趾焼 中村翠嵐 交趾焼 中村翠嵐 交趾焼 中村翠嵐 交趾焼 中村翠嵐 けん玉香合、ふたおき 交趾焼 中村翠嵐 紫交趾東京茶碗(レインボーブリッジ) 交趾焼 中村翠嵐 紫交趾東京茶碗(東京タワー) 交趾焼 中村翠嵐 紫交趾東京茶碗(東京タワーとビル)

守崎 正洋
  守崎 正洋
守崎 正洋


綺麗なグラデーションをもった作品を出展。 シンプルで使いやすい形状の豆皿にオリジナルの十種類の釉薬を施して、カラフルな作品に仕上げました。


1971年  京都市生まれ
1999年  京都伝統工芸専門校(現在 大学校)陶芸本科修了
       以後二年間、大覚寺陶房にて和泉良法氏に師事
2002年  (株)たち吉主催『京都陶芸の新しい芽』入選
2003年  京都市工業試験場陶磁器コース専修科修了
       京都、嵯峨野にて開窯 独立
2004年  京都伝統工芸大学校陶芸科助手に就任
2004年   「京の若手職人」イタリア派遣事業に選出
2006年   2006『めし碗グランプリ展』入選
2008年  第26回『朝日現代クラフト展』入選
       伝統産業「京の若手職人」海外(イタリア)派遣事業に選出
2006年  2006『めし碗グランプリ展』入選
2008年  第26回『朝日現代クラフト展』入選





作品
桜華釉ぐい呑 澱紫釉飯碗 紫紅釉飯碗 流天目平碗 辰砂珈琲碗皿 油滴天目マグカップ(細) 緑紫釉中鉢 柿天目三角碗 結晶天目三角碗

青木 浩二
  青木 浩二
青木 浩二


手びねりでつくられるゆるやかなフォルムと複数の釉薬の組み合わせによる独自の色使いがいきる器を制作。


1969年 東京都葛飾区金町生まれ
1992年 早稲田大学卒業後、総合商社入社。審査法務業務を担当。
1997年 5年間勤務の後、退社。独学にて作陶活動を開始。
1999年 全美術協会展入賞。(鉄伊羅保釉筒型花器) 鎌倉美術展入選。
  鎌倉市大町にて、月窯陶芸教室を主宰。
2000年~教室運営の傍ら、作品制作活動。年2~3回の個展開催。
2005年 北鎌倉芸術祭「匠展」参加。鎌倉大町のアトリエにて個展。
  鎌倉御成町の銭湯「滝の湯」裏のギャラリー蔵にて個展。
  北鎌倉salon kにて個展。
2006年 鎌倉小町のギャラリー夢松洞にて「いろいろ陶展」開催。
  鎌倉由比ガ浜通りの土屋鞄製造所にて「Art Session」に参加し、個展開催。
2007年3月第20回陶芸美術館展覧会 花の器コンテストにて2作品が入選。
  5月長谷のカフェ・ワンダーキッチンにて作品展「土のちからと手のチカラ」開催。
  6月極楽寺アトリエにて、鮮やかな色使いの食器・花器を中心にしたうつわ展を開催。
  7月鎌倉六地蔵交差点の食器店「ダイニンググッズ・ヒサト」にてうつわ展を開催。
 10月女性雑誌「GRACE」の取材で、元winkの相田翔子さんに作陶指導。
 その後、相田翔子の「きもの」修業として書籍化。(世界文化社)
2008年6月鎌倉市西御門の洋館「西御門サローネ」にて個展開催。
  11月北鎌倉芸術祭「匠展」参加。
2009年4月鎌倉市由比ガ浜のギャラリー「招山由比ガ浜」にて企画展「鎌倉手感展」参加。
  6月東京神楽坂のギャラリー「ラ・ロンダジル」にて個展開催。
  8月清澄庭園内涼亭にて開催の季のまま第一回催し「処暑」に作品展示参加。
  10月東京乃木坂のギャラリー「ギャラリーEGG」にて教室のグループ展開催。
  12月清澄庭園内涼亭にて開催の季のまま第二回催し「大雪」に作品展示参加。
2010年11月東京谷中のギャラリー「和の器 韋駄天」にて個展開催。
2011年6月東京銀座のギャラリー「スタジオ・ファイブ」にて個展開催。
   7月東京銀座の「ギャラリー・枝香庵」にて開催の「サマーフェスタ2011」に出品。
   8月豆皿1000プロジェクト参加、新宿伊勢丹などで巡回展示。
   9月銀座三越リニューアル1年アニバーサリー企画「飯碗展」にて展示


作品
花壺(黒彩) 花鉢(黒金彩) 猪口・大(金春) 猪口・大(山葵) 猪口・大(千歳緑)

村上 三和子
 陶房青
  村上 三和子
村上三和子 寝るアザラシ波渕皿


静かな波佐見の地で作品を作っています。
身の回りの自然や人との出会いの中からインスピレーションを得てモチーフへとつながります。
どなたかの暮らしの中で、自分の作品が自然にとけ込んでいる風景をいつも思い浮かべます。


1958年  佐賀県生まれ
1993年  一級技能士取得(陶磁器加飾部門)
1995年  伊万里・有田焼伝統工芸士取得
2008年、2009年  インテリアライフスタイル展出品
2010年  NY紀伊国屋書店特別企画展参加出品
2011年  新宿伊勢丹にて個展
2014年5月 NHK-BS『美の壺』で紹介


作品
寝るアザラシ波渕皿(ガラパゴス) 魚とカツオドリ波渕皿(ガラパゴス) キツネザル丸皿 イグアナ カフェカップ 木登りシーファカ カフェカップ

野田 里美

  野田 里美
野田里美 古樹 酒器揃え


白だけでない磁器の表現を見せたい。
焼いてしまえば朽ちることのないやきものに有機質的な質感を持たせ(古樹)、時間とともに変化する銀を使うことで時間の流れを感じ、器を育てるという価値観を知ってもらいたい。


2000年  金沢わん・one大賞入選
2001年  埼玉県八潮市にて築窯
2002年  名古屋に移築
2003年  岐阜県セラミックス技術研究所 研修生として2年在籍
2004年  ビアマグランカイ5  審査員特別賞
       (財)金津創作の森財団 「酒の器展」入選
2005年  「第39回女流陶芸公募展」T氏賞
2008年  (財)金津創作の森財団「酒の器展」入選
2009年  工芸都市高岡2009クラフトコンペ 入選
2010年  ビアマグランカイ8入選、第5回(財)金津創作の森財団「酒の器展」入選
2011年  第50回 日本クラフト展入選


作品
古樹 酒器揃え 銀彩 壁掛け花器 古樹 板小皿(ランダムサイズ) 楕円小皿 銀

森岡 希世子

  森岡 希世子
森岡希世子 古樹 酒器揃え


日々ロクロに向かう中で、手の平を通して私に伝わってくる磁土の相両極する「柔らかい温かさ・冷たい厳しさ」が共存している魅力を、素材本来の持つ質感を大切にしている。


1994年デンマーク王国Holbek美術国民学校留学
1998年石川県立九谷焼技術研修所卒業制作買い上げ
1999年石川県立九谷焼技術研修所卒業
2006年金沢美術工芸大学伝統工芸聴講生修了
2008年新進作家陶芸展 (笠間市工芸の丘)
2009年高岡クラフトコンペティション入選 (04'06')
  石川県立九谷焼技術者自立支援工房勤務
2010年第49回日本クラフト展 経済産業大臣賞・日本クラフト大賞受賞
  金沢美術工芸大学非常勤講師
2011年第5回あわら市酒の器展審査員特別賞
  第34回伝統九谷工芸展入選
  金沢市工芸展入選 ('06'10)
  今のうつわこれからのうつわ展 (ギャラリー voice/多治見)
  東京ドームテーブルウェア大賞
  東京都知事賞・優秀賞・黒田和哉審査員賞
  個展(銀座松屋/09’10)
  個展(石川県立伝統産業工芸館)
  第9回国際陶磁器展美濃フェスティバル入選


作品
光の呼吸シリーズ 光の呼吸シリーズ 光の呼吸シリーズ 光の呼吸シリーズ

中園 晋作

  中園 晋作
中園 晋作 薄緑 ごはん茶碗


絵を描くように器を作りたいと思っています。その為に日々、色を作り作品に生かせるよう試作を繰り返しています。
手にとって下さった方が落ち着くような、静かなものを目指しています。
花をテーマに色をつけていきます。


1980年  神戸市出身
2003年  近畿大学文芸学部造形美術専攻卒
2004~2006年  神戸市立小学校 常勤講師
2007年  神奈川県川崎市にて制作
2009年  栃木県茂木町にて制作開始
2011年  益子町にて制作開始
       個展、グループ展などを中心に活動中


作品
薄緑 ごはん茶碗 茶 ごはん茶碗 鉄 ごはん茶碗

田中 大
 
  田中 大
田中 大


最近、鉄釉を研究中。鉄による発色は土の違いや 焼成条件に繊細に反応します。様々な変化に窯か ら出す度、感動と落胆の繰り返しです。 他に、灰釉、粉引、黄瀬戸、青白磁、など


 1972年 京都市生まれる
 1996年 京都精華大学美術学部造形学科陶芸専攻卒業
 主な活動
 2005年 インドネシアにて器のデザイン及び技術指導 個展
 2006年 インドネシアにて器のデザイン及び技術指導 個展
     滋賀、陶成アートギャラリー
     京都大丸
     グループ展「菓陶展」「献菓祭」京都
 2008年 京都大丸
     「en」東京、京都
 2009年 「en」京都など出展



作品
田中 大 田中 大 田中 大 田中 大 田中 大

西村圭功漆工房 代表 西村圭功
 西村圭功漆工房
 代表 西村 圭功
西村圭功


当工房では、洗練された京都の漆器技術を守り、吟味された材料を手仕事で仕上げた 'あたたかい'お道具をつくり続けたいと思っています。また多様な生活スタイルの現代社会に添うように変革するところは「変える」を実行しています。


昭和41年 漆芸上塗師二代圭功・功の長男として京都に生れる
  60年 京都市立銅駝美術工芸高校 漆芸科 卒業
     漆芸家 鈴木雅也氏(三代表朔)に師事
平成 6年 家業の後継ぎとして独立
  15年 経済産業大臣指定「伝統工芸士」の認定を受ける
  20年 三代圭功 襲名

所属 伝統工芸士会 京都工芸美術作家協会 京都漆器青年会







作品
西村圭功漆工房 西村圭功漆工房 西村圭功漆工房 西村圭功漆工房 西村圭功漆工房

漆匠省庵工房 代表 佐々木 省庵
 漆匠省庵工房
 代表 佐々木 省庵
漆匠省庵工房


今回出品のこより乾漆の作品は省庵工房が20年前から手懸けております 日本の手漉き和紙と従来の京漆器とのコラボレーションです。 材料の和紙は工房が捜し求め辿り着いた、奥飛騨の雪さらしの山中和紙 楮100%です。 これからも京漆匠省庵工房は身近な道具を紙縒乾漆を中心に据え 作っていくつもりです。

昭和22年 京都に生まれる
  42年 漆芸に従事
  62年 赤松燎画伯に師事
  60年 京展
     京都府美術工芸展
     日本伝統 漆芸展
     日本伝統工芸展
     朝日現代クラフト展受賞
     日本伝統工芸近畿展受賞3回
平成 8年 淡交茶道美術ビエンナーレ出品
  10年 京都府工芸産業技術コンクール優勝
  11年 臼杵竹宵祭玉恵箱制作
     京都高島屋美術画廊にて個展
  16年 京都高島屋美術画廊にて個展
  18年 象彦東京店にて京の漆芸家2人展
  19年 京都高島屋美術画廊佐々木省司漆40年展
     世界文化遺産奈良元興寺より還暦改名漆匠省庵
  20年 上品会とコラボレーション
     10月京都高島屋美術画廊省庵改名記念展予定

現在 日本工芸会所属


作品
漆匠省庵工房 漆匠省庵工房

石川漆工房 代表 石川
 石川漆工房
 代表 石川 光治
石川漆工房


「木をえらび 漆をえらび 形をえらび まろやかに つやめく色の・・・」は、わたしたち工房のものづくりの土台です。そして、永くお使いいただいた愛着ある漆器のお直しを「思い出修復」と云って, ものと人とのかかわりでもっとも大事なことと思っています。


昭和25年 京都市下京区 生
     石川安治(蝋石 二代目 ろせき)の三男
  44年 木地師 丈達貞雄氏に師事
  49年 年季明け 下京区で独立
  53年 精一(安治の長男)・源二(安治の二男)と
     京都市伏見区で漆器の一貫製作を始める
  55年 株式会社 石川漆工房 設立
平成17年 漆器の木地部門 伝統工芸士に認定







作品
石川漆工房

高梨 良子
 
 高梨 良子
高梨良子 大ボウル 黄色&オレンジ


日本古来からある縞、格子模様に惹かれ、色ガラスを用い表現しています。
ガラスで表現すると透けて立体的に見えます。
模様の隙間に光が差し込み立体的に見えるのが魅力的です。
色の組み合わせによって出来る複雑で微妙な表現を探求しています。


1995年女子美術短期大学 生活デザイン科卒業
2000年東京ガラス工芸研究所卒業 徳島ガラススタジオ勤務
2003年ガレの森美術館作品収蔵(徳島)
2004年富山ガラス工房勤務
2005年個展 伊勢丹新宿店
2006年個展 ギャラリーhotumi(恵比寿)
2007年ガラス工房ORIGINAL FORMを設立
2008年個展 松屋銀座、GALLERY MITATE
2009年個展 ギャラリーシェマン(京都)
2010年個展 一翠堂(鎌倉)、ギャラリーシェマン(京都)、GALLERY MITATE
2011年個展 一翠堂(鎌倉)、画廊凜(岐阜)


作品
大ボウル 黄色&オレンジ 小ボウル オレンジ 一輪挿し 赤茶 平皿 紫 一輪挿し

竹影堂 中村 佳永
 竹影堂
 中村 佳永
竹影堂 中村佳永


物作りを始めて35年、金属 特に銀とい云う素材と、機械を出来る限り使うことなく手作業による商品作りにこだわっています。 この展示会では そんな私共の商品をご覧いただき、お客様と直接お話しできれば幸いです。

 1958年生 三世 竹影堂榮真(中村 精一郎)三男
 1973年 父榮真の工房に入り指導を受け、
     定時制高校に学ぶ。
 1990年 芸術文化交流の会に兄(鎚舞)と共に出品
     高円宮憲仁殿下、久子妃殿下 の御高覧を得、
     金工(作品)について御説明の栄を賜り、
     御賞賛を頂く。
 2002年 1月放映『国宝探訪 山里が守った神輿~
     沃懸地螺鈿金銅装神輿』出演
 2007年 京都伝統工芸大学校総合工芸コース金属工芸科
     講師に就任
     現在も京錺の魅力的な仕事を伝え、後継者の
     育成に努めるべく学生の指導に当たっている。

 


作品
竹影堂 中村佳永 竹影堂 中村佳永 竹影堂 中村佳永 竹影堂 中村佳永 竹影堂 中村佳永 竹影堂 中村佳永
竹影堂 中村佳永

仁科旗金具製作所
 
  仁科旗金具製作所
仁科旗金具製作所

 
     
     
 
     
 
     



作品
仁科旗金具製作所 仁科旗金具製作所

小島 尚
 
 小島 尚
小島尚 栃ボウル


1976年東京都多摩市生まれ
1999年武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科クラフト専攻木工コース卒業
2006年工芸都市高岡2006クラフトコンペ 奨励賞
2009年京都富小路通ギャラリーH2Oにてグループ展
2010年福井県大野市美術展 市長賞
2011年石川県挽物轆轤技術研修所卒業
  相模原三越伊勢丹 山本長左セレクション展
  金沢ギャラリートネリコ「シチューのお皿とマグカップ」展
2012年メゾン・エ・オブジェ「豆皿1000」
  テーブルウェアフェスティバル入選
  新宿三越伊勢丹「桃の節句を楽しむうつわ」「IPPUKU」「お茶の愉しみ」
  銀座伊東屋「豆皿1000セレクト」 など


作品
栃ボウル 柿ボウル 栃ボウル 欅ボウル

矢野 磨砂樹
 
 矢野 磨砂樹
矢野磨砂樹


彫刻という自由な表現が出来る世界ですので、「決まった彫り方・決まった形」の物よりも「面白い物」を作るのが好きです。表現としては、「動き」と「空間」にこだわった物を作りたいと考えています。

昭和62年 京都精華大学美術学部立体造形科卒
  以下、関東での実績
  63年 湯島天満宮回廊蟇股彫刻
平成 2年 神奈川県鎌倉市建長寺建築彫刻
   3年 第十六回京木工芸展理事長賞受賞
     「廣重 行書版東海道五十三次之内 石薬師 額」
     目黒雅叙園欄間修理
   4年 湯島天満宮回廊蟇股彫刻
   5年 第二十回京都府工芸産業技術コンクール入選
     「廣重 象嵌額 大はしあたけの夕立」
   6年 湯島天満宮本殿蟇股・獅子鼻彫刻
   8年 第二十三回京都府工芸産業技術コンクール入選
     「つき板象嵌 カトレア」
  11年 湯島天満宮宝物殿蟇股一式彫刻
     東宮御所巽門 門扉・格子新調彫刻


作品
矢野磨砂樹 矢野磨砂樹

村田 彩
 
 村田 彩
村田 彩

 1979年 京都府生まれ
 1997年 京都市立銅駝美術工芸高等学校 漆芸科卒業
 2000年 京都芸術短期大学 陶芸科卒業
 2004年 京都府立陶工高等技術専門校 陶磁器成形科終了
 2007年 神戸ビエンナーレ
     現代陶芸コンペティション入選
 2008年 京都工芸ビエンナーレ 入選
     札幌芸術の森「ビアマグランカイ7」 入選
     第8回国際陶磁器展美濃 入選
     伊丹国際クラフト展 入選
 2009年 The 5th World Ceramic Biennale
     KOREA (韓国) 入選

 


作品
村田 彩

小倉 智恵美
 
 小倉 智恵美
小倉 智恵美

 
 
 
 
 
 




 


作品
小倉 智恵美

芸艸堂
 芸艸堂
 版木蔵内部
芸艸堂


 
芸艸堂(明治24年創業)は手摺木版の書籍を刊行
している日本で唯一の出版社です。     
  
芸艸堂の木版本は弊社版木蔵に永く伝えられてき
た版木を用い、江戸以来続いてきた多色摺り木版
技術を受け継ぐ職人により、紙漉きから彫り、摺
り、製本と全て手作業で作られます。その柔らか
な風合いと美しい色彩をした木版画は現在、観賞
用の木版画だけでなく、様々な企業連携により新
な商品開発にも繋がっています。
  
  
  
 


作品
芸艸堂 芸艸堂 芸艸堂